HOME > 一押しメニュー > エアウェーブパーマ

一押しメニュー

エアウェーブパーマ

エアウェーブパーマ

新形状記憶 空気で仕上げる第3のパーマ エアウェーブ

IMG_2131.jpg

空気の活力を利用して、ふんわりソフトな質感でしっかりとしたリッジが出るエアウェーブ。 透明感と空気感を含んだソフトなボリュームを出せます。 新・形状記憶のシステムで高い再現性が魅力です。


コールドパーマ(従来のパーマ)、デジタルパーマ、エアウェーブの違い

  コールドパーマ デジタルパーマ エアウェーブ
髪のダメージ ×
パーマ後の髪のやわらかさ ×
ゆるやかなウェーブ
細かいウェーブ × △(程度による)
髪のつや ×
パーマの持ち ×(1.5ヶ月) ◎(4~12ヶ月) ○(3~4ヶ月)
施術時間 ○(カット込2時間) ×(カット込3時間) ×(カット込3時間)

デジタルパーマは繰り返し施術すると、毛髪が硬化して形状が変わらなくなるのに対して、 エアウェーブは繰り返しかけても硬化することなく、毎回しっかりとしたカールが実現できます。



このページのトップへ